豊胸手術はどれくらいのリスクがあるの?

ef03310bf870c3af0c00e4fd5fd5c13b_s - コピー

 

一番手っ取り早くバストアップができる方法が豊胸手術です。

しかし、手術ということもあり副作用や費用の面など、様々な問題があります。

 

今回は、豊胸手術のリスクについて詳しく解説していきますね。

 

豊胸手術で考えられるリスク

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

 

人工乳腺法でのリスク

人工乳腺(豊胸バッグ)を挿入する方法です。

合併症として、手術後の出血が溜まる「血腫」のリスクがあります。

 

また、感染を起こす可能性があるため、術後数日間は抗生物質を服用する必要があります。

 

個人差はありますが、豊胸バッグという異物によりバストが堅くなったり、形がいびつになったりする可能性があります。

 

脂肪注入法のリスク

自分の体から吸引した脂肪をバストに注入する方法です。

注入した脂肪細胞が壊死すると感染症を起こしたり、しこりが出来てしまう可能性があります。

 

さらに被膜で覆われると石灰化が進んでしまい、さらにバストが堅くなることがあります。

 

ヒアルロン酸注入法のリスク

バストにヒアルロン酸を注入する方法です。

ヒアルロン酸の周りにできる被膜により、しこりや乳房の変形が起こる可能性があります。

 

豊胸手術の方法によって、以上のような様々なリスクがあります。

 

豊胸手術をする際のクリニックの選び方

40003bec15149aeef3d41658ecfa32eb_s

 

クリニック選びは慎重に!

クリニックの選び方として、ベテランのドクターが多数在籍しているクリニックを選ぶと良いでしょう。

 

費用に関しては、最初から明確な見積もりが出ているかしっかり確認しましょう。

料金が相場よりも極端に高かったり、逆に安すぎるようなクリニックは避けるようにしましょう。

 

豊胸手術後は後遺症の心配がありますので、アフターケアが充実しているクリニックを選ぶと良いでしょう。

特に術後の違和感の相談などが無料でできるクリニックを選びましょう。

 

また、実際に豊胸手術を受けたという方の口コミや評判を調べてみるのも、クリニック選びの参考になりますよ。

 

バストケアジェルのマリアンチュールがオススメ!

豊胸手術のリスクを考えると怖くて手が出せない!という方には、バストケアジェルのマリアンチュールがオススメです。

 

プエラリアを配合したジェルをバストに塗り込むだけで、バストアップしたという方がたくさんいらっしゃいます。

 

マリアンチュールには返金保証サービスや、お得な定期コースがありますので、手軽にバストアップをしたいという方はぜひ試してみてくださいね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ